他の水商売より楽に働くことができる?キャバクラの仕事について解説

キャバクラで働くのは他の水商売より楽?

ナイトワークや水商売と呼ばれるお仕事って、いろいろありますよね。最も認知されているのはキャバクラではないでしょうか。

世間一般的には「キャバクラの仕事なんて、男の人としゃべっていればいいだけだから楽なもんだ」と思っている人もたくさんいるようです。
実際にキャバクラで働くのは他の水商売よりも楽かどうか、一度冷静に客観的に考えてみてもいいのかもしれません。

高級クラブやガールズバーの仕事との違い

キャバクラでのお仕事と比較しやすいのは、これまた水商売の代表的お仕事である高級クラブのキャスト。そして、最近では店舗数も増え認知度もかなり上がってきたガールズバーでのお仕事ですね。

高級クラブを利用するのは富裕層が中心で、トークの話題なども専門的性が高く、こうした話についていくのはなかなか大変です。キャバクラは一般のサラリーマンや女性とお話ししたい人など客層も話題の幅も広いですが、高度で専門的で小難しい話に発展することはさほど多くはありません。水商売未経験者でも、キャバクラなら高級クラブよりも働きやすさはあるかもしれませんね。

ガールズバーは、さらに話題のレベルが下がる傾向があります。そもそもキャバクラやクラブと異なり、同じテーブルに座ってお酒を飲むという行為自体が、ガールズバーにはありません。バーカウンター越しにお話しするだけなので、トークやお客さんとの距離感に関しては、キャバクラよりも楽に感じられるでしょう。

ただ、ガールズバーは基本立ちっぱなしなので、体にかかる負担はキャバクラや高級クラブなどよりも大きい傾向があります。
同じ水商売やナイトワークであっても、接客や精神面の大変さと肉体的な大変さを考えながら業態や職種を選ぶ必要がありそうですね。

キャバクラは店舗数が多いので街選びが重要!

キャバクラは高級クラブと異なり、店舗数もかなり多くなっています。高級歓楽街だけではなくいたるところに店舗があるのもキャバクラの特徴です。お店を選択する前に、地域やエリア、歓楽街や繁華街などの特徴を知ることが重要になってきます。

例えば、高級歓楽街にあるキャバクラは高級路線のお店が多くなるので、時給などの待遇が良くなる傾向があります。客層も富裕層が中心になりますから、接客のしやすさも感じられるでしょう。トラブルになるケースも多くはありません。

一方で、あまりキャバクラの店舗が密集していないエリアは、アットホームな店舗が多く、居心地がいいと感じるようなお店とも出会いやすいでしょう。少しラフな衣装で働けたりなど、楽に勤務できるお店もありますね。

キャバクラなど夜のお店は集中しているけれども大衆店も多いようなエリアでは、たくさんの顧客を獲得できる可能性が高まります。高級歓楽街にある店舗ほど待遇が良くなくても、顧客の数と来店頻度の多さで収入を上げることも可能なのです。

このように、それぞれの街やエリア、地域にそれぞれ特徴があり、メリット・デメリットが異なります。まずはどのような特徴が各エリアにはあるのかを確認してください。街の傾向を把握してから個別の店舗をチェックすることで、より自分に合ったお店と出会いやすくなるでしょう。

まとめ

  • キャバクラのキャストは、高級クラブのキャストほど話題や情報の幅が広くなくても務まるケースが多いです
  • お客さんとの会話などに関してはガールズバーの方が楽ですが、ガールズバーは立ちっぱなしなので肉体的には大変です
  • キャバクラの店舗をチェックする前にまずは街や地域の特徴を調べ、働くエリアを絞り込むことが重要です