どんな仕事内容?稼げる?夜の仕事「ラウンジ」について解説

ラウンジってどんなところ?

ナイトワークの一つに「ラウンジ」と呼ばれる業態があります。夜のお仕事をしたことがない人だと、キャバクラや高級クラブはイメージがつきやすいものの、ラウンジを具体的に想像できる人は多くないのかもしれません。

実際に、ラウンジは少し曖昧な業態です。シンプルに表現してしまうと、キャバクラと高級クラブの中間的なナイトワークと言えるかもしれませんね。

女性キャストが男性のお客さんを接待するという点では、キャバクラやクラブと同じです。ただ、クラブのようにママがいる店舗が多く、同じテーブルに複数のキャストが座って接客するラウンジが多くなっています。このあたりはクラブと共通しています。

高級クラブのように料金設定が高いお店ばかりというわけでもありません。キャバクラのように気軽に入れるお店もあり、ちょっとした食べ物であればオーダーして食べることも可能です。高級クラブで食べ物を食べようと思ったら出前を頼むことになります。その手間なく軽食が食べられるラウンジが多いということです。

店内が比較的広くゆったりとしているところもラウンジの特徴の一つですね。大人数での利用も多く、接待に利用しやすい点も魅力です。

ラウンジでの仕事内容

ラウンジで働くキャストの仕事内容は、キャバクラや高級クラブで働く女性たちとそこまで大きくは変わりません。

  • お客さんと会話をする
  • お客さんの飲むお酒を作る
  • お客さんのタバコに火をつける
  • テーブルの上や灰皿など簡単な片付けをする

ママ以外のキャストはこのようなお仕事が中心となりますね。

お店によって、もしくはキャストによっては、こうした基本的な仕事に同伴出勤やアフター、個別の営業活動なども加わります。ただ、同伴などのお仕事は強制ではないお店も多く、キャバクラなどと比べるとそこまで厳しくはありません。ママの方針などにもよりますが、店内での接客が中心となる店舗が多いでしょう。

他のナイトワークと比較して稼げる?

ラウンジはお店によって料金設定や方針などが異なるので、他のナイトワークと比較するのは少し難しいところ。

時給相場は2,500〜3,500円ほどとなっています。キャバクラや高級クラブよりも安い傾向がありますが、ガールズバーやスナックよりは高めの設定と考えておいて問題ないでしょう。

ただ、会員制の高級ラウンジもあり、そうしたお店では時給6,000円や8,000円以上受け取ることも可能です。ここまでくると高級路線のキャバクラやクラブと同等のため、さほど稼げる金額に差はないのではないでしょうか。

同伴やアフターをしなくてもいいお店では、そこまで多くは稼げないかもしれません。キャバクラなどにある同伴バック等が受け取れないので、どうしても収入に限界が出てきてしまうでしょう。

高級クラブよりも稼ぐことは難しいけれども、大衆的なキャバクラやガールズバーなどよりは稼ぐことができる、それがラウンジという業態です。

まとめ

  • ラウンジはキャバクラと高級クラブの中間に位置するような業態です
  • 店内は比較的ゆったりとしており、大人数での利用や接待などに利用されることが多いのもラウンジの特徴です
  • お客さんとの会話、お酒作り、タバコへの着火、簡単な片付けなどがラウンジで働くキャストの主な仕事内容となります
  • ラウンジの時給相場は2,500〜3,500円ほどですが、高級ラウンジでは時給6,000円以上稼ぐことも可能です
  • 高級クラブよりも稼ぐことは難しいものの、大衆キャバクラやガールズバーよりも稼ぐことはできます