キャバクラとの違いは?銀座にも多いニュークラブについて解説

銀座・新宿などに多いニュークラブとは?

ニュークラブというジャンルを耳にしたことはありますか?ナイトワークの求人をすでにチェックしている人は、目にしたことがあるかもしれません。
ニュークラブもキャバクラやクラブのような、女性がお客さんに対して接待をする夜のお店です。

高級歓楽街に店舗があるのが一般的で、東京都内であれば銀座や新宿歌舞伎町、六本木などに多く立ち並んでいます。東京以外では横浜の繁華街にもニュークラブを名乗るお店がたくさんありますね。

関西では祇園や北新地にニュークラブがあります。いずれも高級店が立ち並ぶ関西を代表する高級歓楽街です。お金持ちの集まるエリアに多く出店されているのがわかるはずです。

余談ですが、北海道ではキャバクラのことをニュークラブと呼びます。北海道でキャバクラと表現するとエッチなサービスが提供されている風俗店を指すので注意しましょう。

キャバクラとの違いは?

ニュークラブとキャバクラの違いがよくわからないという人は少なくありません。求人を見ていても、いまいち違う点が見つけにくいですよね。
実際に、キャバクラとニュークラブを明確に分けるのは簡単ではありません。定義が曖昧であることを頭に入れた上で違いを考える必要があります。

一般的には、キャバクラの中でも高級路線で料金設定が高く、サービスやキャストの質が高いお店がニュークラブと名乗っている傾向が見られます。キャバクラと区別することで高級感を演出し、でも高級クラブのようなシステムではないので、ニュークラブと名乗って特別感を出しているわけです。

料金設定が高いこともあって、大衆的なキャバクラよりも客層やお給料・待遇も良いお店が多くなっています。店内も豪華で、中にはドレスコードがあったり会員制を敷いているお店もあります。
基本的なお仕事内容やシステムはキャバクラと変わりませんが、高収入が期待できることは間違いありません。

ただ、料金設定もキャストの時給や待遇等も、明確な線引きがない点は認識しておきましょう。あくまでもお店側が「うちはニュークラブです」と主張し名乗っているかどうかがポイントになってきます。

まとめ

  • ニュークラブは東京の銀座や歌舞伎町、六本木など高級歓楽街にある夜のお店の業態一つです
  • キャバクラよりも料金設定が高く高級感もあり、ニュークラブのキャストの方が良い条件や待遇で働けることが多くなっています
  • ニュークラブとキャバクラの違いをハッキリとさせるのは難しく、お店側が「ニュークラブです」と名乗るかどうかによります